S.S.C脱毛のデメリット

S.S.C脱毛にはメリットが多いのですが、場合によってはデメリットになってしまう部分もあります。S.S.C脱毛は、ジェルとの相乗効果で脱毛効果を得られるという仕組みですが、永久脱毛ではありません。繰り返し施術をしていくと、綺麗な状態を維持できますし、脱毛効果はそれなりに期待できますが、永久脱毛を希望している人向きではありません。

S.S.C脱毛の場合肌に優しくほとんど痛みがないところはメリットですが、その代わり脱毛が完了するまでの時間が長くかかってしまいます。完了までの期間については、個人差があるものの、早くて1年、平均で1年半から2年という長い時間が必要です。根気よくエステサロンに通える人ならいいのですが、あまり時間をかけたくない人には不向きとなってしまいます。

肌に優しくダメージを与えないのはメリットですが、光はメラニン色素に反応しますので、にやけしている肌には施術ができません。元々肌の色が濃い人は、希に肌トラブルを起こす可能性があります。肌に優しい脱毛と言われていますが、最も痛みを感じやすいと言われるVIOライン脱毛の時は、S.S.C脱毛でも多少強い刺激や痛みを感じる事はあります。

メリットばかりに目が向いてしまいがちですが、自分が受ける脱毛に関してデメリットになる部分も知っておく事が大切です。全てを把握して、納得した上で申し込んでください。

S.S.C脱毛のメリット

S.S.C脱毛はメリットが多い脱毛法としても注目されています。S.S.C脱毛は、施術前に必ず専用ジェルを塗布します。ジェルなしではS.S.C脱毛が成り立たないといっても過言ではありません。というのもS.S.C脱毛は、光とジェルの相乗効果により、脱毛と抑毛を促すからです。

エステサロンの脱毛法は、レーザーよりも優しい光を使用していましたが、毛根にダメージを与えるため、ある程度の威力が必要でした。照射レベルは毛質により調整しますが、きちんと脱毛効果を出すために、痛みを伴う事がほとんどでした。しかしS.S.C脱毛は、光とジェルの相乗効果で脱毛しますので、痛みがほとんど無いところが最大のメリットです。

実際施術を受けると、刺激や痛みは一切なく、温かさを感じる程度です。痛みに弱い人や肌が弱い人の場合、若干刺激を感じる事はあっても、輪ゴムで弾かれる程度と言われているので、以前の脱毛法に比べてかなり痛みという部分は軽減されています。そのため、S.S.C脱毛は痛くない脱毛法とも言われています。

ダメージがほとんど無いので、肌トラブルを起こすリスクも大幅に軽減されています。S.S.C脱毛はジェルに美白効果や美肌効果が期待できる、美容成分を配合しているので、施術後の肌が綺麗になるところも人気の理由です。毛が抜けると毛穴が引き締まり、肌のキメが整う効果が期待できるので、より美しい肌を実感できます。